ドラマ「臨床犯罪学者火村英生の推理」で竹内涼真さん 初悪役

投稿者: |

2016年に放送されたドラマ臨床犯罪学者火村英生の推理」は、犯罪社会学の准教授である火村英生と、その友人である推理作家の有栖川有栖による推理ドラマです。

 

このドラマに竹内涼真さんが出るという事で、どんな役で出るのか、とても楽しみにしていたんです。

 

です が、驚いた事に竹内涼真さんの役は、火村と有栖川を追い詰める事になる、過激派集団であるシャングリラ十字軍の一人、鬼塚竜三という役だったのです。

 

もちろん、俳優である以上は、悪役をするという事は当たり前なのですが、当時の竹内涼真さんは、「仮面ライダードライブ」が終わったばっかりで、まさかすぐに悪役を演じるとは思っていなかったんです。

 

かなり不安だったのですが、ドラマがスタートすると、竹内涼真さんの表情は正義から悪へと変わっていました。

その変わり方に、これが、本当の俳優なんだと思いました。

 

普通、正義のヒーローを演じてしまうと、なかなか悪役は難しくなるんだと思うんです。

視聴者もやはり、正義のヒーローとして見てしまいますし、そういったオーラを消す事は難しいと思うんです。

でも、竹内涼真さんは、見事にそのオーラを消していたんです。

 

何年も芸歴のある俳優ならば、その切り替えも素早く出来ると思うのですが、竹内涼真さんは、まだデビューしてからそれほど時間がたっていない時でした。

それでこの演技が出来るというのは、かなりすごい事だと思いました。

 

ドラマを見た感想

ドラマを見た時の感想としては、こんな風に変幻自在の演技が出来るんだという驚きでした。

 

竹内涼真さんが演じる鬼塚竜三は、過激派集団であるシャングリラ十字軍の指導者に仕える構成員で、命じられるまま犯罪を行うのですが、淡々とした中にも、心の中には憎悪があるようなイメージでした。

 

そして、何がすごいかというと、こういう時にはサングラスをかけたり、ピアスをしたりなどをして、イメージチェンジをするものなのですが、竹内涼真さんの場合は、何もしていないんです。

髪型などもそのままで、役柄に合わせて雰囲気を変えられるというのは、将来すごい俳優になると思っていました。

 

そして、現在、竹内涼真さんは、次々と話題のドラマに出演し、その人気を不動のものとしています。

コミカルな役から、繊細な役まで何でもこなす竹内涼真さんは、やはり才能豊かに感じました。

 

このドラマで演じた時のように、竹内涼真さんは、外見的な変化をせずに、様々な役をこなせる、器用な俳優なのだと思います。

 

過保護のカホコについてみたい方はこちら

ひよっこについてみたい方はこちら