竹内涼真さん出演ドラマ『過保護のカホコ』

投稿者: |

日本テレビ系水曜ドラマで2017年7月から9月まで放送されていた『過保護のカホコ』で、主演の高畑充希さん演じる過保護に育てられて女の子”加穂子”の恋人である”麦野初”役を演じた時の竹内涼真さんが素敵でした。

 

私自身、何の苦労もなく過保護に育てられてきたため、愛情もお金も欲しいと思ったことはありませんでした。

 

過保護のカホコのあらすじ

学生の頃は周囲で皆がバイトをしているのに自分だけ危険だからという理由で許されなかったため、友人を羨ましく思う程でした。

画家になるという夢を抱いてアトリエで大きなキャンバスに向かう竹内涼真さんの背中を見ていると、当時の友人たちも口には出さなかってけれども夢を叶えるためにアルバイトをしていた人もいたことに気が付きました。

 

また、生活のためにアルバイトをしている人が存在することに気が付かなかった自分の愚かさを反省しました。

自分のことで精いっぱいではないのかと思ってしまう麦野君が、カホコを見捨てることが出来ずに世話を焼いてしまう姿が竹内涼真君にしかできない表情だと思います。

イライラを抑え込みながらカホコを助けてしまう様子や、自分に非が無いのにカホコの母親に責められてしまう姿が可哀そうでした。

初めはカホコが自立できるように促していた麦野君が、カホコの影響を受けて自分を捨てた母親に会いに行ったところから表情に変化を感じました。

 

ドラマ過保護のカホコを見た感想

他人に弱さを見せられるようになったことで肩の力が抜けて、柔らかい印象に変化したと思います。

それが意図的なのかは分かりませんが麦野初めになりきった素晴らしい演技だと思いました。

 

泣いているカホコが泣き止むのを持つ姿や、おんぶをして家まで送る姿は本当に頼りになり、過保護に育ててしまった娘にも麦野君のような彼氏が出来ると良いなあと願ってしまいます。

 

同じ日本テレビのドラマ『ラストコップ』の刑事役ではスーツがとてもよく似合っていましたが、『過保護のカホコ』で着ていた黒いTシャツにツナギの上半身を脱いで腰のところで袖を結んでいる着こなしがかっこよかったです。

 

怪我のために夢を諦めなければならないイトちゃんを全力で励まそうとするカホコに、頑張っても思い通りにいかないことのある現実の苦しみを理解している麦野君が助言するシーンや、社会に出るということについてビシッと言い放つ姿には怖さと説得力がありました。

自分の人生にも思い当たることが多かったので、麦野初の言葉が胸に刺さりました。

 

ドラマを見たことで自分自信の考え方や、娘の育て方も見直す必要があることに気が付くことが出来ました。

自分の愚かさを指摘されているようで、他の人に言われたら弁明したくなるところですが、竹内涼真さんの言葉だと素直に聞き入れることが出来ます。

そのため成長することが出来るのでドラマを見て良かったです。