ドラマ過保護のカホコの竹内涼真くんにキュン死に

2017年7月から日本テレビにて放送されたドラマ『過保護のカホコ』。

放送が終了した後も復活を望む熱烈なリクエストが続き、2018年9月19日に『過保護のカホコ〜2018 ラブ&ドリーム〜』として連ドラ終了1年後を舞台にしたスペシャルドラマが放送されました。

 

その中でひと際注目を集めた俳優がいます。

キュン死した女性たちも多いと話題になった麦野初役の竹内涼真さんです。

竹内涼真ドラマ

※画像はお借りしました

 

過保護のカホコの簡単なあらすじ

ママがいないと一人で起きることもできない、今日着ていく服も決められない、料理も何も出来ない箱入り娘なヒロイン加穂子。

竹内涼真演じるはじめは、父が幼いころに亡くなっており、母は7歳のときに失踪。

 

児童養護施設で育った苦労人で過保護に育てられたカホコとは正反対な生い立ち。

 

物語はこの相反する2人が大学で出会い、お互いの持ち合わせていない部分に惹かれ合い成長していくホームコメディです。

 

竹内さん演じるはじめくんは思ったことを何でもズバズバ言い、カホコを「お前」呼びすることから最初はふてぶてしいと思っていましたが、ママに言えない悩みで悲しんでいるカホコに胸を貸してあげ背中をトントンしながら「俺が聞いてやるから。

 

」とそっと言い放つ姿や、話すときにカホコの目線に合わせてかがんであげたり、「分かるか?」と毎回カホコに意思疎通できているか丁寧に確認する姿から、根底にある優しさが垣間見え見事にツンデレっぷりが表現されています。

 

最初はカホコの告白を断ったはじめくんですが、徐々にカホコの純朴さや自分にはいなかった家族を大切にまっすぐに想う純真さにどんどん惹かれていきます。

 

しかしカホコの母親に交際を反対されてしまいます。

 

ですがここでも何でもストレートに伝えるのがはじめくん。

 

「娘さんと会えなくなるのは嫌です!交際を許してほしいと思ってます!」とお母さんに男らしくピシャリと言い放つ姿は女性の心を鷲掴みにしました。

 

はじめくんの魅力は男らしい立ち振る舞いやツンデレだけでなく母性をくすぐる可愛らしさにもあると思っています。

 

「お前」ではなく名前で呼んでほしいことを素直にカホコは伝えますが、なかなか呼び捨てで呼ぶことができずうじうじしている姿や、「付き合い始めたばっかりなのに、デートもしてねーじゃねーか!」 と家族を優先してばかりのカホコに拗ねてしまう姿、失踪していた母親には実は新しい家族がいたことを知りカホコに泣きつく姿など、所々に散りばめられた強い男性像から見える弱さというギャップも、守ってあげたいと思う女性の本能をうまくくすぐっています。

 

長身なスタイルやどこか切なげな瞳、まっすぐな視線、そのすべてが麦野初として本当に存在しているかのようなリアリティを放ち、世の女性を虜にしていたのだと思います。

 

 

日本テレビ系水曜ドラマで2017年7月から9月まで放送されていた『過保護のカホコ』で、主演の高畑充希さん演じる過保護に育てられて女の子”加穂子”の恋人である”麦野初”役を演じた時の竹内涼真さんが素敵でした。

 

私自身、何の苦労もなく過保護に育てられてきたため、愛情もお金も欲しいと思ったことはありませんでした。

 

過保護のカホコのストーリーご紹介

学生の頃は周囲で皆がバイトをしているのに自分だけ危険だからという理由で許されなかったため、友人を羨ましく思う程でした。

画家になるという夢を抱いてアトリエで大きなキャンバスに向かう竹内涼真さんの背中を見ていると、当時の友人たちも口には出さなかってけれども夢を叶えるためにアルバイトをしていた人もいたことに気が付きました。

 

また、生活のためにアルバイトをしている人が存在することに気が付かなかった自分の愚かさを反省しました。

自分のことで精いっぱいではないのかと思ってしまう麦野君が、カホコを見捨てることが出来ずに世話を焼いてしまう姿が竹内涼真君にしかできない表情だと思います。

イライラを抑え込みながらカホコを助けてしまう様子や、自分に非が無いのにカホコの母親に責められてしまう姿が可哀そうでした。

初めはカホコが自立できるように促していた麦野君が、カホコの影響を受けて自分を捨てた母親に会いに行ったところから表情に変化を感じました。

 

ドラマ過保護のカホコを見た感想

他人に弱さを見せられるようになったことで肩の力が抜けて、柔らかい印象に変化したと思います。

それが意図的なのかは分かりませんが麦野初めになりきった素晴らしい演技だと思いました。

 

泣いているカホコが泣き止むのを持つ姿や、おんぶをして家まで送る姿は本当に頼りになり、過保護に育ててしまった娘にも麦野君のような彼氏が出来ると良いなあと願ってしまいます。

 

同じ日本テレビのドラマ『ラストコップ』の刑事役ではスーツがとてもよく似合っていましたが、『過保護のカホコ』で着ていた黒いTシャツにツナギの上半身を脱いで腰のところで袖を結んでいる着こなしがかっこよかったです。

 

怪我のために夢を諦めなければならないイトちゃんを全力で励まそうとするカホコに、頑張っても思い通りにいかないことのある現実の苦しみを理解している麦野君が助言するシーンや、社会に出るということについてビシッと言い放つ姿には怖さと説得力がありました。

自分の人生にも思い当たることが多かったので、麦野初の言葉が胸に刺さりました。

 

ドラマを見たことで自分自信の考え方や、娘の育て方も見直す必要があることに気が付くことが出来ました。

自分の愚かさを指摘されているようで、他の人に言われたら弁明したくなるところですが、竹内涼真さんの言葉だと素直に聞き入れることが出来ます。

そのため成長することが出来るのでドラマを見て良かったです。

 

竹内涼真ドラマ一覧を見る